学生の通学手段

 松山大学には、巨大な駐輪場が何か所もあります。つまり、多くの学生が自転車で通学し(※1)、「お昼ご飯を食べに家に帰る」という人も少なくありません。  また独り暮しを始める新入生も、近くのアパートやマンションに住むことが多い(※2)ので、「語学のクラスやサークルで知りあった友達が、同じマンションの住人だった」なんてことも、よくあります。  なお、新入生のためのアパート・マンションの紹介は、松山大学生協で行なっています※1…「学生の消費生活に関する実態調査」によると、自転車で通学する学生は60%以上。自宅外生(下宿生)にかぎれば、およそ9割に達します。 ※2…上記の調査によると、学生の通学時間の平均は、自宅外生が7.2分(全国平均16.0分)、自宅生で30.8分(全国平均70.1分)です。また自宅外生の68%が10分圏内に住んでいます。

関連リンク

松山大学生協  下宿先紹介のページ(その2)  下宿先紹介のページ(その1)  都会すぎず、田舎すぎず、生活費も安くて暮らしやすい