学部長あいさつ 2012 –2013

法学部長 村田 毅之
Takayuki Murata

 複雑化の一途を辿り、価値観も多様化している現代社会において、社会を動かしている基本となる学問を修めた人材に対する需要はますます増大しております。法学部は、松山大学文系4学部では一番新しく、1988(昭和63)年に創設され、まもなく4半世紀を迎えることになりますが、既に多くの有為な人材を世に送り出し、新司法試験や司法書士試験、不動産鑑定士試験、在学中の国家公務員Ⅰ種試験、社会保険労務士試験の合格者を輩出し、松山大学法学部卒第1号の弁護士も、元気に実業界で活躍するに至っております。

 法学部の授業カリキュラムでは、1年次より4年次までゼミ形式による授業クラスを設定し、個々の学生の志向に沿った細やかな指導を心掛けるとともに、法学、政治学領域における基礎法、基礎理論を重視する組み立てをしております。そのなかで、学生は、難関の国家試験や就職試験を突破する学力を身に付け、社会で元気に活躍する基盤を作っております。