法情報処理

 この科目は法政科目Bの「法政特別講義」のひとつで、「法律学の学修に必要な法情報(法令・判例・論文など)の収集・整理・分析のための基礎知識と技術の習得」がテーマとなっています。具体的な目標としては、

  • (1) 他の講義やゼミで使う判例や論文を自分自身で探すことができるようにすること、また
  • (2) 自分で収集した法情報を活用しながら、基本的な法文書(内容証明郵便・契約書・訴状)を作成できるようにすること、です。

 さらに、上記の目標と関係する範囲で、情報と法の関係を扱う諸問題(著作権・個人情報保護・不正アクセス、いわゆる情報窃盗など)についても触れてゆきます。