民法I

 法律学入門と並び、本学の専門教育において「基礎の基礎」となる科目です。全コース共通科目のひとつで、1年前期に開講されます。
 この科目は「総則編」と「物権編」に分かれます。まず総則編において、権利の主体・客体・法律行為などについて解説し、つづく物権編で、おもに権利変動の問題をとりあげます。

関連リンク

全コース共通科目