演習科目担当者

在学中に15科目30単位(1科目2単位)を取得すること。

担当教員主な専門分野課題演習Ⅰの概要
Pro1妹尾 克敏 教授
倉澤 生雄 教授
憲法・地方自治法
行政法
政策法務、公共政策について、事例問題を素材としながら改善方法や解決の手法を考察します。
山内 進 教授
遠藤 泰弘 教授
法制史
政治学・政治思想史
日本が抱えている問題を念頭に置きながら、ヨーロッパ各国の事例を取扱い、問題解決の糸口を探ります。
Pro2銭 偉栄 教授
古屋 壮一 教授
王 原生 教授
民法・成年後見
民法・債権法・物権法
企業法
取引法を概観し、研究したい取引制度を見い出します。また、その制度の前提となる私法秩序や沿革を明確に意識することにより、取引法の規定の妥当な解釈論を展開できるようにします。
Pro3明照 博章 教授
今村 暢好 教授
刑法
特別刑法
刑法の基礎理論の再確認を行いつつ、近時の刑事法における問題事案について報告発表とその指導を行います。
Pro4
Pro5
村田 毅之 教授
髙橋 正 教授
労働法
訴訟法
司法書士、行政書士、社会保険労務士や企業の法務分野で実務を行なっている受講者自身が、直面する可能性の高い事例問題を題材としながら、その解決方法を考察します。