法学部学術講演会のご案内

 松山大学法学部では地域に教養の場を提供するため、不定期に法学部学術講演会を実施しています。今回は行政に長く携わってこられた松山刑務所長の髙野 洋一氏を講師にお招きします。  改正法が先の国会を通過したことにより、明治以 […]

儒学と企業組織論

松山大学法学部教授 王 原生  爽やかな秋、登山によい季節を迎えた。昨秋高縄山散策したことを思い出した。高縄山山頂付近「高縄寺」に大原観山先生の詩碑「遊高縄」が置かれている。詩碑背面の説明文に大原先生の略歴(大原観山は儒 […]

法学研究科 2023年度学生募集のお知らせ

松山大学法学研究科では、年度内3回の受験機会を設けております。出願スケジュールは下記のとおりです。  第Ⅰ期 出願期間 2022年8月22日(月曜日)~ 2022年9月2日(金曜日) 試験日 2022年9月14日(水曜日 […]

学ぶことは、遊ぶこと・・・

松山大学法学部教授 内海 淳一  学生(大学院)時代、ある先輩から「学問は貴族の道楽」であったと言われた。確かに、歴史をみれば、生活に余裕のある人たちの知的好奇心から学問は発展してきたという側面がある。すなわち、「遊び」 […]

多数説×少数説

松山大学法学部准教授 今村 暢好  アンケート調査などが代表的な例ですが、ある事柄について人々の意見が一致せず、肯定派と否定派、積極派と消極派に意見が分かれたりすることがよくあります。その分かれた意見の中で、多くの割合を […]

「全国政治」が始動するとき―明治維新後の「中央」-「地方」関係を考える

 2022年7月4日(月曜日)14時15分から松山大学東本館7階会議室2にて、松山大学学術研究会を、18時00分から松山大学2号館223番教室にて、松山大学法学部学術講演会を開催しました。  講師には北海道大学大学院法学 […]

神明裁判の結果をどう解釈するのか

松山大学法学部講師 伊藤亮平  中世ドイツで人気を博した作品に『トリスタンとイゾルデ』(1210年頃成立)があります。この作品のあらすじは次の通りです。イングランド王国コーンウォールの騎士トリスタンは、アイルランドの姫イ […]

「ポストマッパー」はじめました。

松山大学法学部准教授 伊藤 信哉  20年の春からきびしい行動制限が課せられ、観光旅行や友人との食事会など、おおくの娯しみが奪われる日々がはじまりました。それまで、年10回は国外に飛んでいたわたくしも、マスクをして自宅の […]

法学部学術研究会・講演会のご案内

 松山大学法学部では地域に教養の場を提供するため、不定期に法学部学術研究会・講演会を実施しています。今回は日本近代政治史の若手を代表する政治学者の1人である前田亮介先生を講師にお招きします。 研究会では、「日本の政党政治 […]

負け確定の訴えを起こすなんて? -- ゼミでの学び

松山大学法学部准教授 石橋 英典  みなさんは次の事件をどのように考えるでしょうか。やや難しい事件かもしれません。  Aは自転車事故によって骨折してしまい、治療費などを請求するため、Bに対し損害賠償請求の訴えを提起しまし […]

次のページ →