履修モデル・時間割

履修モデル

Pro1|地方公務員(場合によっては国家公務員)として高度化された法務分野(特に立法関連)において活躍できる人材

科目 1年次前期(10単位) 1年次後期(10単位) 2年次前期(8単位) 2年次後期(2単位)
共通 人権論総論特講
司法制度総論特講
基幹憲法研究特講
行政法研究特講
比較制度史研究特講
関連 憲法特論特講
行政法特論特講
比較法特論特講
比較自治制度特論特講
比較制度史特論特講
比較制度特論特講
演習 課題演習Ⅰ課題演習Ⅱ課題演習Ⅲ課題演習Ⅳ

Pro2|地方公共団体職員として高度化された法務分野(特にコンプライアンス関連)において活躍できる人材

科目1年次前期(10単位)1年次後期(10単位)2年次前期(8単位)2年次後期(2単位)
共通人権論総論特講
司法制度総論特講

基幹 行政法研究特講
民法研究特講
企業法研究特講
関連 行政法研究特講
民法研究特講
比較法特論特講
訴訟法研究特講
非核自治制度特論特講
労働法特論特講
演習課題演習Ⅰ 課題演習Ⅱ 課題演習Ⅲ 課題演習Ⅳ

Pro3|地方公共団体職員として高度化された法務分野(特に警察実務関連)において活躍できる人材

科目1年次前期(10単位)1年次後期(10単位)2年次前期(8単位)2年次後期(2単位)
共通 人権論総論特講
司法制度総論特講
基幹 行政法研究特講
刑法研究特講
民法研究特講
労働法研究特講
関連
刑法特論特講
民法特論特講
比較自治制度特論特講
刑事政策特論特講
労働法特論特講
演習 課題演習Ⅰ 課題演習Ⅱ 課題演習Ⅲ 課題演習Ⅳ

Pro4|司法書士、行政書士、社会保険労務士等、社会の法化を支えるために必須の職種として活躍できる人材

科目1年次前期(10単位)1年次後期(10単位)2年次前期(8単位)2年次後期(2単位)
共通人権論総論特講
司法制度総論特講
基幹 憲法研究特講
行政法研究特講
民法研究特講
労働法研究特講
関連 刑法特論特講
民法特論特講
憲法特論特講
訴訟法研究特講
労働法特論特講
演習 課題演習Ⅰ 課題演習Ⅱ 課題演習Ⅲ 課題演習Ⅳ

Pro5|民間企業への就職を目指す人材

科目1年次前期(10単位)1年次後期(10単位)2年次前期(8単位)2年次後期(2単位)
共通人権論総論特講
司法制度総論特講
基幹 行政法研究特講
民法研究特講
労働法研究特講
企業法研究特講
関連 刑法特論特講
民法特論特講
比較自治制度特論特講
訴訟法研究特講
労働法特論特講
演習 課題演習Ⅰ 課題演習Ⅱ 課題演習Ⅲ 課題演習Ⅳ

時間割

時限授業時間
1時限目8:30〜10:00
2時限目10:15〜11:45
3時限目12:30〜14:00
4時限目14:15〜15:45
5時限目16:00〜17:30
6時限目18:00〜19:30