都会すぎず、田舎すぎず、生活費も安くて暮らしやすい

 大学まで自転車で通うなら、交通費はゼロです。これは(電車による通学者の多い)大都会の大学にはないメリットといえます。
 他方、郊外型の大学だと、日常生活に車が必須だったりしますが、松山大学ではそんなこともありません。
 物価も、大都市にくらべると低水準で、それが家賃にも反映されています(ためしに、こちらのサイトで調べてみてください)。
 そんなこんなで、松大生の多くが、松山を「暮らしやすい」と考えています(下記リンク参照)

関連リンク

大学から数分自転車を走らせれば  学生の通学手段