正岡子規

□正岡子規(正岡常規)(1867年〜 1902年)

 明治時代の日本を代表する俳人・文学者。松山市に生まれ、叔父である加藤恒忠(拓川)翁[本学の三恩人の一人]の支援を受けながら就学・就職をした。 俳句の革新運動を起こし、雑誌『ホトトギス』創刊に寄与していくつも名俳句を世に出すとともに、俳句自体の研究にも力を注ぎ、これまでのわが国の俳句を調査し分類等も行った。