法学部創設30周年特別企画: 加藤拓川翁と交流した人物写真についての情報提供を募集

 加藤拓川翁の交流した人物写真についての情報提供を募集致します。

 拓川翁は、年表(今村年表リンク)にございます通り、様々な分野と国々で活躍されました。 司法省法学校以来、原敬等と親友で、外交官時代は西園寺公望のもとでヨーロッパを輾転とし、 国会議員時代は犬養毅らと懇意にしておりました。冗談好きで有名な拓川翁は、この時代の 多くの偉人達と交流があり、遺されたアルバム写真や写真名刺には多くの偉人・著名人が 写っております。

 写真の中には、氏名不詳な方々も多く、ここにそれらを公開することにより、本HPを ご覧の識者の皆様方に「情報提供の募集」をさせて戴きます。

 松山大学創設の三恩人の一人の活躍を知る上で貴重な資料となりますので、 もし御存知の方がおられましたら、下記のメールアドレス宛に情報提供の程 ご協力お願い申し上げます。

gp-law-hp[at]g.matsuyama-u.ac.jp
※ [at] を @ に置き換えてください。

○本企画に対する正岡明先生からのコメント

(拓川翁の令孫・写真提供者・正岡子規研究所主宰)

加藤拓川という人物は、司馬遼太郎さんが私に「拓川という人は友人を作るために 生まれてきたような人ですね」と語ったほど、その時代の様々な人々と交流を持っておりました。

この企画によって、拓川の人脈の広さがさらに明らかになることを楽しみにしております。

正岡 明

Q001 Q002 Q003 Q004 Q005 Q006 Q007 Q008 Q009 Q010

(Visited 42 times, 1 visits today)