やりたいことが見つからない?

松山大学法学部講師 安藤 津  高校生の時に、「やりたいことはこれだ!!」と自信を持って、自分の進路がはっきり見えている人、見えていた人って、どれくらいいるのでしょうね?逆に、高校生の時までに、「何かをやってみたい」と一 […]

私と「韓国」の出会い

松山大学法学部准教授 牧野力也  「人生のターニングポイント」というと、皆さんはどんなイメージをもっていますか?「ビビッときた」り(古い!)、悩みに悩み抜いてからの決断だったりするでしょうか?もちろん、人生にはきっとそん […]

「息子のために“いざ鎌倉”へ」 ~阿仏あぶつの訴訟と鎌倉幕府~

松山大学法学部教授 遠藤 真治  今年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は、舞台が鎌倉時代とあって、中世絵巻に関心を持つ者として興味深く拝見している。やや唐突なフィクション(上総氏を首領とする御家人の謀叛計画など)を、見る人 […]

専門分野について(スポーツ科学研究)

松山大学法学部法学科 講師 吉川直輝  2022年4月より法学部法学科の所属となりました。全学共通科目の健康文化科目(身体運動科学、ラケットスポーツ、ボールゲームスポーツ等)を担当します。博士(スポーツ科学)の学位を取得 […]

鯉幟こいのぼりが火を運ぶ!?」

松山大学法学部教授 高嶋 めぐみ  消防庁の資料によると、出火件数がもっとも多いのは3月。火災が多いイメージのある冬に次いで、4月、5月も発生しやすい季節だという。時代劇で有名な火付ひつけ盗賊とうぞく改方あらためかたにし […]

法学部では、何をするのか?―「法学部で学ぶ」とは?

松山大学法学部教授 明照 博章  唐突ですが、「1+1=2/5+5=10」という式があります。  この等式は「正しい」と「感じる」ので、異論をはさむ人は殆どいません。そこで「正解には、それが提示されると、異論をはさむ人が […]

私の学生時代

松山大学法学部教授 村田 毅之  青森の県立高校を卒業して、夜行の急行「十和田」に乗り実家から720kmほど移動して、東京の私立大学(政経学部経済学科)に入りました。高校時代は、2年生の終わりまで具体的に大学進学を考えて […]

You are the Law ?

松山大学准教授 山川 秀道

(今日は)「あなた方が法です。法律書でも、…大理石の胸像でも、法廷でもありません。それらは、我々の願いの象徴に過ぎません…願いというより祈りと言うべきかもしれません。正義を切に願う祈りです。 …もし、正義を信じたいと願う […]

大学における学びの視点-法学部-

松山大学法学部教授 明照 博章

高校までの学習内容と大学における学習内容  受講生は、両者の違いについて説明できるだろうか?  まず、法学部では、高校までに使っていた言葉とは異なる用語を用いることが多い(専門用語)。そして、日常用語にある言葉であっても […]

社会と普遍性の関係

松山大学法学部教授 明照 博章

 社会を超えた普遍性はあるのだろうか?  社会の構成原理には、地域差があるため、「社会を超える普遍性」は「存在しない」ようにも思える。  一方で、社会は、自律的運動をしているようにみえる場面もある。その際、運動の背後には […]

← 前のページ 次のページ →