身近な物質「コレ」・・の謎?

松山大学法学部教授 槻木玲美  今年2023年は、阪神の岡田監督の「アレ」が話題になりましたが、今日は身近な「コレ」に注目して欲しいと思います。私達の生活は、もはや「コレ」なしでは成り立たないほど、生活にあふれている物質 […]

「する」「みる」「ささえる」

松山大学法学部教授  樗木武治  私の趣味の1つにスポーツ観戦があります。様々なスポーツを会場やTV、インターネットなどで観戦することは、私にとって大きな楽しみです。小さい頃はプロ野球、大相撲、プロレス、柔道などを会場で […]

「監獄変じてホテルになる」

松山大学法学部教授 高嶋めぐみ  国指定重要文化財「旧奈良監獄」が、令和8(2026)年春から星野リゾート傘下のホテルとして開業する。同監獄は、奈良・千葉・長崎・鹿児島・金沢と共に明治の五大監獄として知られている。国際標 […]

立つ鳥跡を濁さず…

松山大学法学部教授 妹尾 克敏  今年度末を以って、34年間に及んだ松山大学法学部を退職させていただきます。想い起せば、一家5人で瀬戸大橋を渡ってきましたが、6箇月後の、来年3月末には、3人で故郷の岡山県に帰ることになり […]

この家、誰のもの? ―空き家の話―

松山大学法学部教授 倉澤生雄  私の自宅の近隣には、いくつか空き家がある。中には壁や屋根は崩れ落ち、敷地内には草木が生い茂っているものもある。「お隣さんは迷惑しているだろうな」と思いながら、その前を通り過ぎていく。  2 […]

「犬かうべからず」 ~「今堀いまぼり地下じげ掟」から~

松山大学法学部教授 遠藤 真治  猫派の人には申し訳ないが、犬の話をしようと思う。朝夕に限らず犬を連れて散歩する風景が見られる昨今、立派なペット葬場も誕生し家族の一員として犬・猫等を丁重に荼毘に付す時代を迎えている。そう […]

会社で一番偉いのは・・・?

松山大学法学部教授 内海淳一  さて、問題です。 社長、会長、取締役会議長、CEO、頭取、代表取締役、これら株式会社の役職者で一番偉いのは誰でしょう?  答えは、これと断定するのは非常に難しいですが、法律(会社法)的には […]

加藤拓川没後100年(松山大学創設100周年)

松山大学法学部教授 今村 暢好  松山大学は、2023年で創設100周年を迎え、同時に、本学園(当時は松山高等商業学校)の創設に尽力した人物の一人である加藤恒忠(号を拓川)は、没後100年を迎えました。  外交官として活 […]

中世ヨーロッパの恋愛裁判

松山大学法学部准教授 伊藤亮平  12世紀末、フランスの宮廷付司祭アンドレーアース・カペルラーヌスによって書かれたとされる„De Amore“ (慣例的に『宮廷風恋愛について』と訳されることが多いです)では、「愛とは何か […]

「中国茶」って何ですか?

松山大学法学部准教授 伊藤信哉 質問です。日本茶といえば「緑茶」。西洋のお茶(Tea)といえば「紅茶」。では「中国茶」といえば?  ....たくさんのみなさんが「ウーロン(烏龍)茶」と答えるのではないでしょうか。あるいは […]

← 前のページ 次のページ →